JR・大江戸線代々木駅 徒歩2分 営業時間 10:00~21:00(不定休)

いまの私達の生活において、便利さを追い求める反面、同時に避けられないのが、電磁波。

スマホ、タブレット、パソコン、テレビ、電子レンジ、エアコンなどの家電製品
LEDライトやコンセント・・・。

さらに、これらへ加えて、徐々に広がりをみせつつある*IoTによる生活。

『電磁波なんて気にしなければ、良い』かもしれませんが、確実に 電磁波 は出ています。

そこで、あなたは、どれくらいの家電製品・電磁波に、囲まれて生活していますか?

また、電磁波が影響を及ぼす、空気中のプラスイオンが増える環境になると?

プラスイオンが多い環境

・交感神経を刺激する

・ストレスホルモンを分泌

・血液・細胞の酸化(酸化=老化)

・血管が縮まり、血圧も高くなる

・疲労がたまりやすい

・呼吸苦しくなる


反対にマイナスイオンが多い環境になると?

マイナスイオンが多い環境

・副交換神経を刺激する

・リラクゼーション効果

・健康な血液(弱アルカリ性)に変わる

・血管を拡張、血圧は正常

・筋肉の疲れをとる

・呼吸が楽になる

電磁波・プラスイオンが多い環境は、自律神経や身体、健康にとって、決して良いことは
なく、マイナスイオンが多い環境が理想的かと思います。

これらを踏まえて、電磁波・プラスイオンの影響を受けにくくする、私なりの対策を
お伝えします。

一つは、耳ツボの神門を刺激する

耳にあるツボの神門を刺激することは、脳波・自律神経をニュートラルな状態にして、電磁波の影響を受けにくくすることが出来ます。











もう1つは、babyion(滝風イオンメディック)を置く

babyion(滝風イオンメディック)は、スイッチをオンだけで、大量のマイナスイオンを排出して、プラスイオンを中和することが出来ます。

また、スイッチが入ってる間は、何もしなくても電磁波の影響をなくし、80畳をその環境に出来ます。

babyion(滝風イオンメディック)が気になる方は、こちらへ

実験動画は、以下をご覧ください。

動画 プラスイオンを中和

動画 電磁波除去

これからの時代を考えると、電磁波対策は、生活習慣病の予防対策の1つになるのでは?と思います。

JR・大江戸線代々木駅 徒歩2分 藤井施術院

ご予約はこちらから

藤井施術院 代表
根幹療法士 藤井 雄治


*Iotとは今までインターネットにつながっていなかったモノをつなぐことをIoT:Internet of Things(モノのインターネット)と呼んでいます。