JR新宿駅 徒歩10分 営業時間 10:00~21:00(不定休)
台湾遠征のことを少しずつ書いていきます。


まずは、現地(台北)の有名な先生との技術交流です。台湾の施術といえば、
足ツボが有名ですが、全身の施術も、もちろんあります。今回はその全身の施術。










私は施術するのは好きですが、私自身が施術を受けることは、
あまり好きではありません。(勉強のためは除く)


特に、痛い施術は、絶対に受けたくないです。
  

が、貴重な体験なので、現地の現状を身を持って、体感しました。

その先生のお店はこんなところや
















こんな路地裏のようなところにあります。
















看板がないのは、代々木と同じで、親近感を感じました。













このお店の中にいたのが、今回お世話になった呉先生。

風貌はというと、ドラえもんに出てくる。










のような感じ。

この時点、で少し嫌な予感がしてました・・・。

呉先生は、台湾の伝統的な方法での施術を基本にして、それを若い施術者に
指導されてるとのこと。

その伝統的な施術は

 

簡単に説明すると、“凄く、凄く、凄く、痛い施術”です。


どれくらい痛いのかというと、背骨をはじめ、数々の骨を折ったり、−35℃の
寒さを経験してきた私が、
今までの人生の中で、1番に感じる痛さ

でした。

さらにその痛みを耐えることで、冷や汗でびっしょり
(前日の仮体験後、当日は、私服をで臨む)。

痛いとこは悪いとこ。という考えらしく、
痛みが感じなくなるまで、手加減することなく、永遠に施術が続きます。

痛すぎるのを耐えきり、その後、心が完全に折れたことで、
呉先生との2ショット写真を撮る気力もなくなりました・・・。

もちろん、素晴らしいところもありました。
手の指の状態を診て、症状を的確に言い当てるのは、学びになりました。

気をとりなおして、今度は私がジャイ○ン、いや呉先生を施術する番に。

ところが、呉先生は施術を受けるとすぐ寝てしまう。
ということで、女性の先生が受けることに。










 





激痛=良い施術 の台湾式に慣れてしまえば、当然なのかもしれませんが、
いつものように、無痛の根幹療法をやっていると「触り方が優しすぎる」という反応。

であれば、少し痛みを伴う(初回に限って)、姿勢矯正の技術に切り替えてみることに。

結果は、いつも通りにキレイな姿勢になりましたが、無痛療法に慣れていない分、
体感してもらいにくかったかもです。
















強く押して、身体を調整する施術は、術側の負担も大きいです。
呉先生が施術を受けると直ぐに寝るというのは、セルフケアが足りてないことから、
身体の回復が間に合ってないということが考えられました。

有名な先生がそんな辛い状態ということは、他の方々はもっと大変なはず。

したがって、伝統的な技術・施術を提供するという場所という点では
良いのですが、やはり台湾(台北)でも提供する側を含めてセルフケアが行き届いていない。

それには「根幹療法」を、施術する先生方はもちろん、通う方々に伝えるべき
必要性があると強く実感した技術交流でした。

 

「痛い施術が大好き」という考えをお持ちの方には、こっそりお店の情報を教えます。

呉先生は日本が好きで、少し日本語が喋れて、日本での仕事にも興味がある為か、
こんなカワイイのれんがかかってました。
















ちなみに身体全体で痛みが感じにくい状態は、脳と神経の連絡が届きにくい証拠でもあり、
既に内臓に問題がおきてるケースがある為に、注意が必要です。

 

JR・大江戸線代々木駅 徒歩2分 藤井施術院

ご予約はこちらから

藤井施術院 代表
根幹療法士 藤井 雄治

  

台湾遠征のまとめ

台湾遠征 その2 施術で恩返し

神門の施術 台湾編